運輸安全マネジメント
 
平成29年度運輸安全マネジメントに関する取組みについて
  
三岐鉄道株式会社自動車部
 
 三岐鉄道においては、経営理念の第一に安全の確保を掲げ、以下のとおり全社員が一体となって、安全輸送に取り組んでいます。
 
平成29年度の取組みについて(平成29年 4月 1日 〜 平成30年 3月31日)
 
 1.輸送の安全に関する基本方針
 安全の確保は全てにおいて優先します。会社をあげ、絶えず安全が阻害されていないかを監視し、安全性の向上を追求します。
 そのために、わたしたちは、「安全の確保」「法令・規則の遵守」「信頼と快適」を使命とし、社会に貢献するため、以下の事項に全力で取り組みます。
(1) 安全の確保はすべてにおいて優先します。会社をあげ、絶えず安全が阻害されていないかどうかを監視し、安全性の向上に努めます。
(2) 法令、規則の遵守は安全の基礎であり、執務の厳正は安全の要件です。安全規範に従い責任をもって職務を遂行し、安全最優先を徹底します。 
(3) 常に安全意識を高く持ち、危険要因の排除に努め、必要に応じて改善措置又は予防措置を講じます。 
(4) 安全に関する教育及び研修並びに訓練に関する具体的な計画を策定します。
(5) 事故、災害が発生した場合は、人命救助を最優先に行動し、速やかに情報連絡体制の確立を講じ、被害の拡大防止及び早期回復を図ります。
(6) 安全に関する投資を積極的かつ効率的に行います。
    
 2.平成29年度の取組みについて
(1) 輸送の安全に関する目標
(2) 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統 
@ 輸送の安全に関する組織図
A 事故、災害に関する報告系統図
(3) 輸送の安全に関する重点施策
 安全統括管理者を委員長とする部内運行助役以上で構成される管理者会議を毎月1回開催し、事故防止対策、重点目標を策定します。その重点目標をもとに運行管理者会議を毎月1回開催し、各営業所に徹底を図ります。また、添乗指導、乗務員研修会、整備講習会、個人面談、外部講習を通じて安全教育を行い、輸送の安全の徹底を図ります。
 なお、緊急性のある事項については、都度緊急会議を開催し対策を図ります。