貸切バス事業者 安全性評価認定制度 三ツ星認定

三岐鉄道の貸切バスは、貸切バス事業者安全性評価認定制度の最高位「三ツ星」に認定。


三岐鉄道は、公益社団法人日本バス協会の定める貸切バス事業者安全性評価認定制度の評価認定委員会において、安全に対する取組状況が優良なバス事業者であることが認められ、平成30年12月19日に制度の最高評価となる三ツ星 ☆☆☆の評価認定を受けました。

「貸切バス事業者安全性評価認定制度」とは

貸切バス事業者の安全性に対する取り組み状況、事故や行政処分の状況等を評価し、認定・公表する制度です。この認定を取得することで、貸切バス事業者の安全性が「見える」ものとなり、お客様がより安全性の高い貸切バス認定を受けた事業者を選択できることとなります。認定を受けた事業者の貸切バスには「SAFETY BUS」のシンボルマークが交付されます。

◎評価項目は次の通りです。
 ①安全性に対する取組状況
 ②事故及び行政処分の状況
 ③運輸安全マネジメント取組状況 等

三岐鉄道は引き続き、輸送の安全の確保を最優先に、ご利用いただくお客様に安全・安心でより快適なバスの旅をご提供できるよう、全社一丸となって取り組んでまいります。
ぜひ貸切バスをご用命の際は、「貸切バス事業者安全性評価認定制度」最高評価三ツ星の三岐鉄道の貸切バスをご利用ください。